任期付き弁護士奮闘 避難区域用地買収や東電賠償など 法的課題解決に対応 – 福島民報

2015-10-12

任期付き弁護士奮闘 避難区域用地買収や東電賠償など 法的課題解決に対応
福島民報
東日本大震災と東京電力福島第一原発事故後、県内で任期付き職員として自治体に採用される弁護士が増えている。県と南相馬、相馬、郡山の3市に2~3年の任期で1人ずつ勤め、避難区域の用地買収や東電に対する賠償など法的課題の解決に努めている。一方、弁護士を …

Copyright(c) 2015 原発被害救済弁護団(埼玉) All Rights Reserved./平成23年度社会福祉振興助成事業