伊方原発差し止めを – しんぶん赤旗

2016-03-12

伊方原発差し止めを
しんぶん赤旗
訴状は「伊方原発で事故が発生する可能性は高く、原告は日常的に危険にさらされ、怯(おび)えながら生活しなければならない」と指摘。その精神的苦痛に対する損害賠償として、原発が廃炉されるまで原告1人当たり月額1万円を四国電力が支払うよう求めています。

and more »

Copyright(c) 2016 原発被害救済弁護団(埼玉) All Rights Reserved./平成23年度社会福祉振興助成事業