住民の苦闘 いまも 米核実験で被ばく マーシャル諸島 – 東京新聞

2013-08-15

東京新聞

住民の苦闘 いまも 米核実験で被ばく マーシャル諸島
東京新聞
隣接して、東京電力福島第一原発事故で、全町避難が続く福島県富岡町の震災前後の様子を写真で伝えるブースも。ともに二十一日まで(十九日休館)。 十七日には、高校生が制作したドキュメンタリー「ビキニの海は忘れない」や、被爆直後の広島で活動したスイス人医師を 

Copyright(c) 2013 原発被害救済弁護団(埼玉) All Rights Reserved./平成23年度社会福祉振興助成事業