元原発作業員の請求棄却 「対策怠り熱中症」と主張 旭川地裁 – 産経ニュース

2015-09-25

原発作業員の請求棄却 「対策怠り熱中症」と主張 旭川地裁
産経ニュース
東京電力福島第1原発で作業中の平成23年8月、元請け会社が必要な対策を怠ったため熱中症と症候性てんかんになったとして、元作業員の男性(64)=北海道旭川市=が大成建設(東京)に計約1億1200万円の損害賠償を求めた訴訟の判決が25日、旭川地裁であった。

Copyright(c) 2015 原発被害救済弁護団(埼玉) All Rights Reserved./平成23年度社会福祉振興助成事業