全国の中高生が続々上演 避難生徒描いた大沼高の創作劇 福島の実情に共感 – 福島民報

2014-11-06

全国の中高生が続々上演 避難生徒描いた大沼高の創作劇 福島の実情に共感
福島民報
全国の中高校生の間で大沼高演劇部の創作劇「シュレーディンガーの猫」を上演する動きが広がっている。東京電力福島第一原発事故で避難した女子高生と転校先の生徒が心を通わす作品で、中、高校生が「福島県民に心を寄せたい」と選んだ。大沼高の部員は「多くの人に演じ …

and more »

Copyright(c) 2014 原発被害救済弁護団(埼玉) All Rights Reserved./平成23年度社会福祉振興助成事業