処理水放出 県漁連「今後の状況見たい」 2015年08月26日 – 読売新聞

2015-08-26

四国新聞

処理水放出 県漁連「今後の状況見たい」 2015年08月26日
読売新聞
漁業者側が原発事故の影響が続く限り堅持を求めた風評被害などの損害賠償は「適切に賠償する」と回答。漏えいが度々問題になっている汚染水に関しては、「重層的な対策を進めている」と説明した。国の回答文書はこれらを守るよう、東電を指導するとの内容だった。
福島第1地下水放出、第三者が安全監視 県漁連に東電と国日本経済新聞
「サブドレン計画」容認 福島原発事故、県漁連が正式決定中国新聞

all 23 news articles »

Copyright(c) 2015 原発被害救済弁護団(埼玉) All Rights Reserved./平成23年度社会福祉振興助成事業