加須の夫妻、双葉を忘れず新天地で門出 – 埼玉新聞

2014-05-18

加須の夫妻、双葉を忘れず新天地で門出
埼玉新聞
歌詞の骨格を書いた埼玉合唱団団員の浅子保子さん(55)がアカペラで二人に向けて歌うと、原さん夫妻は肩を寄せ、紙に書かれた歌詞を指で追い、声を合わせた。 浅子さんは4 … 旧県立騎西高校に避難していた双葉町民との活動を通じて感じたことをノートにつづっていた。

Copyright(c) 2014 原発被害救済弁護団(埼玉) All Rights Reserved./平成23年度社会福祉振興助成事業