原子力のリスクを確率的に考える – BLOGOS

2013-09-03

原子力のリスクを確率的に考える
BLOGOS
現在の東電を国が「支援」するという無責任体制を改め、国が原子力損害賠償機構をつくって全責任を負い、放射線防護基準も見直すべきだ。 このとき最大のハードルは、東電を破綻処理して、存続会社と(賠償機構を支援する)受け皿会社に分離することだ。これは(私を含めて) 
(社説)原発事故被害 納得できる賠償には朝日新聞
市民団体が原発メーカー提訴へ 福島原発事故巡り日本経済新聞

all 3 news articles »

Copyright(c) 2013 原発被害救済弁護団(埼玉) All Rights Reserved./平成23年度社会福祉振興助成事業