原子力紛争審、財物賠償などに要望集中 – 読売新聞

2013-06-23

原子力紛争審、財物賠償などに要望集中
読売新聞
県内開催は昨年1月以来となった政府の原子力損害賠償紛争審査会(会長・能見善久学習院大教授)が22日、福島市で開かれ、東京電力福島第一原発事故の避難指示区域などのある12市町村長らは、東電による賠償の基準である中間指針の見直しを求めた。能見会長は、7 

Copyright(c) 2013 原発被害救済弁護団(埼玉) All Rights Reserved./平成23年度社会福祉振興助成事業