原発と賠償 救済に誠意を示せ – 東京新聞

2013-05-27

原発賠償 救済に誠意を示せ
東京新聞
通常は三年で消滅してしまう請求権の時効を、原発事故に適用すれば、来年三月に期限が来る。法案は救済の対象としてADRに申し立て、和解が打ち切りになった場合に限っている。原発事故は経験がない。将来にわたる被害も予測が立たない。法にはむしろ、原発損害賠償 

and more »

Copyright(c) 2013 原発被害救済弁護団(埼玉) All Rights Reserved./平成23年度社会福祉振興助成事業