原発事故から3年半、「県境格差」消えず 栃木県北住民ら、集団申し立てへ – 下野新聞

2014-09-10

原発事故から3年半、「県境格差」消えず 栃木県北住民ら、集団申し立てへ
下野新聞
東京電力福島第1原発事故による放射能被害への適切な対応を求めるため、県北の住民らによる国の「原子力損害賠償紛争解決センター」(ADRセンター)への集団申し立て準備が着々と進んでいる。原発事故からまもなく3年半。空間や土壌の放射線量は低下傾向にある …

and more »

Copyright(c) 2014 原発被害救済弁護団(埼玉) All Rights Reserved./平成23年度社会福祉振興助成事業