原発事故で全住民避難の双葉町、福島県内の仮役場で業務開始 – FNN

2013-06-17

福島民報

原発事故で全住民避難の双葉町、福島県内の仮役場で業務開始
FNN
福島第1原発事故の影響で、全ての住民が避難している福島・双葉町が、役場機能を埼玉県から福島県内に移して、17日から業務を開始した。 福島・いわき市に完成した仮役場では、開所式が行われた。 双葉町の伊澤史朗町長は「(今後は)双葉町の復旧・復興の拠点として、 
古里絆より強く 顔合わせ活動充実へ 双葉町役場いわき開所 「つながりなくさない」福島民報
双葉町がいわき事務所 商店街も歓迎読売新聞
双葉町役場 2年3カ月ぶり福島へ いわきで業務開始東京新聞
日本経済新聞 –NHK –毎日新聞
all 51 news articles »

Copyright(c) 2013 原発被害救済弁護団(埼玉) All Rights Reserved./平成23年度社会福祉振興助成事業