原発事故で捜索遅れ、犠牲者遺族に和解案 – 読売新聞

2013-04-04

原発事故で捜索遅れ、犠牲者遺族に和解案
読売新聞
浪江町の津波犠牲者164人の遺族計333人が、原発事故で十分な救助や捜索活動が出来なかったとして、東京電力に総額52億6900万円の慰謝料などを求めて国の原子力損害賠償紛争解決センターに申し立てた和解仲介手続きの審理が3日、福島市で開かれた。原告の
浪江町遺族会に初の和解案提示 原子力紛争解決センター福島民報
東日本大震災:福島第1原発事故 原発ADR、浪江の遺族会に沿う和解案 死亡1人ごと最大60万円 /福島毎日新聞
遺族側訴え採用/原発ADR朝日新聞

all 4 news articles »

Copyright(c) 2013 原発被害救済弁護団(埼玉) All Rights Reserved./平成23年度社会福祉振興助成事業