原発事故で苦しむ人々描く 埼玉・丸木美術館で展示 – 朝日新聞

2013-02-07

原発事故で苦しむ人々描く 埼玉・丸木美術館で展示
朝日新聞
右側は、被曝(ひばく)しながら働く作業員たちの姿。流れ出た血が別の男の体内に入っていく構図で、誰かの健康被害の裏で利益を独占する人間がいるということを表現。左側に描かれた中学生は、避難しても一人で生活できないと悩んでいる。 続きを読む. この記事の続きをお

and more »

Copyright(c) 2013 原発被害救済弁護団(埼玉) All Rights Reserved./平成23年度社会福祉振興助成事業