原発事故による避難生活の実態 福島大准教授が講演 – 紀伊民報

2012-10-22

紀伊民報

原発事故による避難生活の実態 福島大准教授が講演
紀伊民報
東日本大震災被害の調査に取り組む福島大学准教授の丹波史紀さん(38)が20日、和歌山県田辺市朝日ケ丘の西牟婁教育会館で福島第1原発事故による住民の避難生活の実態や被害について講演した。 例えば、双葉町は川俣町、さいたま市を経て、埼玉県加須市に。

Copyright(c) 2012 原発被害救済弁護団(埼玉) All Rights Reserved./平成23年度社会福祉振興助成事業