原発事故の広域避難計画 水戸市、県外自治体と協議へ – 東京新聞

2016-04-22

東京新聞

原発事故の広域避難計画 水戸市、県外自治体と協議へ
東京新聞
水戸市は市全域が東海第二原発からおおむね三十キロ圏内に入り、全市民二十七万人が避難対象になっている。県の広域避難計画では十七万人が栃木、群馬、埼玉、千葉の四県、十万人がつくば市など県内八市町に避難することになっている。 水戸市地域安全課によると、県 …

Copyright(c) 2016 原発被害救済弁護団(埼玉) All Rights Reserved./平成23年度社会福祉振興助成事業