原発事故の負担10兆円=東電、収益向上が課題—再生へ道遠く – ウォール・ストリート・ジャーナル日本版

2016-03-11

ブルームバーグ

原発事故の負担10兆円=東電、収益向上が課題—再生へ道遠く
ウォール・ストリート・ジャーナル日本版
福島第1原発事故から5年。東京電力は経営危機を国の支援で切り抜け、直近の決算で過去最高益をたたき出した。だが被災者への賠償や除染費用、廃炉・汚染水対策費用など将来必要な10兆円規模の資金の大半は東電が負担する。4月からの電力小売りの全面自由化を乗り越え、巨額の資金を確保できるの
東日本大震災5年、各党が談話 社民朝日新聞
<東日本大震災5年>損失 法的に守るべき 2016年03月10日読売新聞
大震災から5年 福島の現実 向き合い、そして前へ毎日新聞
しんぶん赤旗
all 56 news articles »

Copyright(c) 2016 原発被害救済弁護団(埼玉) All Rights Reserved./平成23年度社会福祉振興助成事業