原発事故関連死(69)絶望 追い込まれた命 東電は謝罪を拒否 市が認定申し出を受理 – 福島民報

2014-04-22

福島民報

原発事故関連死(69)絶望 追い込まれた命 東電は謝罪を拒否 市が認定申し出を受理
福島民報
次男で後継ぎの和也さん(38)ら遺族は同年秋、東京電力に対し損害賠償を求めたが、木で鼻をくくったような返答が戻ってきた。「福島第一原発事故と自殺の因果関係は認められません」 「原発事故さえなければ、おやじは死ななかったんだ」。和也さんは一貫して主張した。

Copyright(c) 2014 原発被害救済弁護団(埼玉) All Rights Reserved./平成23年度社会福祉振興助成事業