原発事故関連死 命の重さ 弔慰金 苦悩する遺族 避難「間違っていたか」 自責の念日に日に強く – 福島民報

2013-06-16

福島民報

原発事故関連死 命の重さ 弔慰金 苦悩する遺族 避難「間違っていたか」 自責の念日に日に強く
福島民報
川俣町山木屋の無職渡辺彦巳(ひこみ)さん(60)は、衰弱していく父義亥(よしい)さん=当時(87)=を車に乗せ、埼玉県草加市の入院先から約200キロ離れた自宅に戻った。東京電力福島第一原発事故から約半月が経過した平成23年4月2日だった。「着いたよ。山木屋だ」。

and more »

Copyright(c) 2013 原発被害救済弁護団(埼玉) All Rights Reserved./平成23年度社会福祉振興助成事業