原発事故関連死 東電側争う姿勢 双葉病院遺族損害賠償訴訟第1回口頭弁論 – 福島民報

2013-08-29

原発事故関連死 東電側争う姿勢 双葉病院遺族損害賠償訴訟第1回口頭弁論
福島民報
東京電力福島第一原発事故に伴う避難で体調を崩して亡くなったとして、大熊町の双葉病院の70代男性患者の遺族が東電に対して約3300万円の損害賠償を求めた訴訟の第1回口頭弁論が28日、東京地裁(中山孝雄裁判長)で開かれた。東電側は請求棄却を求めた上で「 

Copyright(c) 2013 原発被害救済弁護団(埼玉) All Rights Reserved./平成23年度社会福祉振興助成事業