原発建設協力で合意 印露首脳会談「今後20年間で10基」 – 産経ニュース

2014-12-11

原発建設協力で合意 印露首脳会談「今後20年間で10基」
産経ニュース
ただ、いずれの国との間でも障壁となっているのが、インドの原子力賠償法だ。30年前に起きた米化学大手の工場事故で十分な損害賠償金が支払われなかった経験から成立した。原発事故の際、損害賠償責任を供給元企業にも負わせる法律で、米企業は輸出に二の足を踏ん …

Copyright(c) 2014 原発被害救済弁護団(埼玉) All Rights Reserved./平成23年度社会福祉振興助成事業