原発損害、補償に遅れ 道内宿泊施設、国内客対象外 – 日本経済新聞

2012-03-21

原発損害、補償に遅れ 道内宿泊施設、国内客対象外
日本経済新聞
外国人客のキャンセル分の多くは請求額の100%が認められたが、損害が大きかった国内団体客などは認められていない。今後は公的機関を通じて請求を続ける方針だが、賠償が長引けば中小の宿泊施設が経営難に陥る可能性がある。 国観連北海道支部が道内77施設を対象に調査を
1億3400万円 賠償請求読売新聞
私立中学高校協会が東電へ損害賠償請求福島放送

all 3 news articles »

Copyright(c) 2012 原発被害救済弁護団(埼玉) All Rights Reserved./平成23年度社会福祉振興助成事業