原発損賠、原告団ADR申し立て 避難区域住民ら、迅速救済求め – 西日本新聞

2015-11-04

西日本新聞

原発損賠、原告団ADR申し立て 避難区域住民ら、迅速救済求め
西日本新聞
東京電力福島第1原発事故で避難区域に指定されている福島県川俣町山木屋地区の住民15人と1法人が4日、東電に宅地や建物、農地や農機具など計約25億9400万円の損害賠償を求め、原子力損害賠償紛争解決センターに裁判外紛争解決手続き(ADR)を申し立てた。
提訴避難者、ADR申し立て=福島原発賠償訴訟の長期化でウォール・ストリート・ジャーナル日本版
原発ADR>裁判と並行し申し立て河北新報
裁判と並行でADR申請 川俣・山木屋原告の12世帯16人福島民報

all 17 news articles »

Copyright(c) 2015 原発被害救済弁護団(埼玉) All Rights Reserved./平成23年度社会福祉振興助成事業