原発比率は25%超が妥当 経団連が提言 – 産報

2015-04-08

原発比率は25%超が妥当 経団連が提言
産報
安全性が確認されたプラントの運転期間延長、核燃料サイクルの確立、放射性廃棄物最終処分場の確保、原子力損害賠償制度の見直しなどが必要との見解を示した。ベースロード電源の割合は震災前と同水準の約60%まで戻すことが今後の焦点となる。原発停止にともない …

and more »

Copyright(c) 2015 原発被害救済弁護団(埼玉) All Rights Reserved./平成23年度社会福祉振興助成事業