原発発がん訴訟:原告「福島、高線量下で作業」 札幌地裁 – 毎日新聞

2015-11-06

北海道新聞

原発発がん訴訟:原告「福島、高線量下で作業」 札幌地裁
毎日新聞
東京電力福島第1原発事故の収束作業中に被ばくし、がんになったとして、札幌市の元作業員の男性(57)が東電などに計約6472万円の損害賠償を求めた訴訟の第1回口頭弁論が5日、札幌地裁(湯川浩昭裁判長)であり、東電など被告側は争う姿勢を示した。 原告弁護団 …
がれきを手作業で…“原発作業でがん”訴えるテレビ朝日
「他の人のためにも闘う」 原発作業発がん訴訟 札幌で原告会見北海道新聞
がれき撤去「がんと因果関係ない」 東電など、争う姿勢朝日新聞

all 4 news articles »

Copyright(c) 2015 原発被害救済弁護団(埼玉) All Rights Reserved./平成23年度社会福祉振興助成事業