原発訴訟 津波予見できた 原告側が新証拠 神戸地裁 – 神戸新聞

2016-06-08

原発訴訟 津波予見できた 原告側が新証拠 神戸地裁
神戸新聞
2011年の東京電力福島第1原発事故で、兵庫県内への避難者が国や東電に損害賠償を求めた集団訴訟の第14回口頭弁論が8日、神戸地裁であった。原告側は東電が津波を予見できたとする新たな証拠を提出し、採用された。 新証拠は、東京地裁で係争中の株主代表訴訟 …

and more »

Copyright(c) 2016 原発被害救済弁護団(埼玉) All Rights Reserved./平成23年度社会福祉振興助成事業