原発賠償、広がる格差=距離、放射線量で「線引き」〔東日本大震災3年〕 – 時事通信

2014-03-01

原発賠償、広がる格差=距離、放射線量で「線引き」〔東日本大震災3年〕
時事通信
政府による東京電力福島第1原発事故の損害賠償をめぐって、福島県の被災者の間での格差拡大の問題があらわになっている。原発事故から3年を経ても、避難生活を続けている人は約14万人。帰還も始まる中、行政の新たな線引きで賠償額に理不尽な差が生じ、生活再建の 

Copyright(c) 2014 原発被害救済弁護団(埼玉) All Rights Reserved./平成23年度社会福祉振興助成事業