原発賠償、時効延長法案を可決 3年から10年に、衆院委 – 北海道新聞

2013-11-27

原発賠償、時効延長法案を可決 3年から10年に、衆院委
北海道新聞
衆院文部科学委員会は27日、東京電力福島第1原発事故で生じた損害賠償請求権の時効について、民法で定めた3年から10年に延長する特例法案を全会一致で可決した。 来年3月11日で事故発生から3年となり、多くの被災者の請求権が時効を迎えかねなかった。今国会 
時効延長法案が衆院通過=原発事故の賠償請求権時事通信
原発賠償の時効延長法案が可決 衆院、今国会成立めざす日本経済新聞
原発賠償、時効延長法案を可決 3年から10年に47NEWS

all 12 news articles »

Copyright(c) 2013 原発被害救済弁護団(埼玉) All Rights Reserved./平成23年度社会福祉振興助成事業