原発賠償、時効適用せず 基準に明記へ 東電社長表明 – 河北新報

2013-01-11

原発賠償、時効適用せず 基準に明記へ 東電社長表明
河北新報
原発賠償、時効適用せず 基準に明記へ 東電社長表明. 東京電力の広瀬直己社長は10日、福島第1原発事故の損害賠償請求について、民法の消滅時効(3年)を適用せず、時効完成後の請求も認める考えを示した。訪問先の福島県庁で明らかにした。 広瀬社長は報道陣に「3

and more »

Copyright(c) 2013 原発被害救済弁護団(埼玉) All Rights Reserved./平成23年度社会福祉振興助成事業