原発賠償、自殺で初の和解 福島・須賀川の農業男性 – 西日本新聞

2013-06-03

原発賠償、自殺で初の和解 福島・須賀川の農業男性
西日本新聞
弁護団によると、自殺で賠償の和解が成立したのは初めて。 弁護団によると、男性はキャベツ栽培をしており、国から出荷制限の連絡を受けた翌日の2011年3月24日に自殺した。東電が原発事故との因果関係を認めず賠償に応じなかったため、12年6月、遺族が原子力損害

Copyright(c) 2013 原発被害救済弁護団(埼玉) All Rights Reserved./平成23年度社会福祉振興助成事業