原発賠償「時効」主張せず 東電社長表明 期間過ぎても対応 – 福島民報

2013-01-11

新潟日報

原発賠償「時効」主張せず 東電社長表明 期間過ぎても対応
福島民報
東京電力の広瀬直己社長は10日、東京電力福島第一原発事故の損害賠償で、3年間で請求権が失われる民法の「消滅時効」を主張せず、期間を過ぎても賠償に応じる考えを示した。同日、県庁で佐藤雄平知事と会談し、明らかにした。損害賠償をめぐっては、請求手続きの煩雑
原発賠償「時効適用せず」 東電社長、具体策公表へ日本経済新聞
東日本大震災:福島第1原発事故 東電、賠償時効主張せず 社長、福島知事に明言毎日新聞
原発賠償、時効適用せず 基準に明記へ 東電社長表明河北新報
テレビ東京 –新潟日報
all 45 news articles »

Copyright(c) 2013 原発被害救済弁護団(埼玉) All Rights Reserved./平成23年度社会福祉振興助成事業