原発賠償の時効延長法案が可決 衆院、今国会成立めざす – 日本経済新聞

2013-11-28

原発賠償の時効延長法案が可決 衆院、今国会成立めざす
日本経済新聞
衆院は28日午後の本会議で、東京電力福島第1原子力発電所事故に伴う損害賠償請求権の時効を3年から10年に延長する法案を全会一致で可決した。与野党は参院審議を経て今国会成立をめざしている。民法上の時効は3年だが、東電と被災者の和解が遅れ、2014年3月 
原発賠償、時効延長法案を可決 3年から10年に、衆院委北海道新聞
原発賠償、時効延長法案を可決ロイター
原発賠償、時効延長法案を可決 3年から10年に河北新報

all 12 news articles »

Copyright(c) 2013 原発被害救済弁護団(埼玉) All Rights Reserved./平成23年度社会福祉振興助成事業