原発賠償仲介 ADR発足4カ月半で3件 迅速化が課題 – 朝日新聞

2012-01-16

原発賠償仲介 ADR発足4カ月半で3件 迅速化が課題
朝日新聞
東京電力福島第一原発事故による損害賠償がまとまらない場合に、弁護士が間に入って被害者と東京電力の交渉を仲介する公的機関「原子力損害賠償紛争解決センター」(原発ADR)。昨秋のスタートから4カ月半たち、申し立ては600件を超えたが、和解できたのはこれまで

and more »

Copyright(c) 2012 原発被害救済弁護団(埼玉) All Rights Reserved./平成23年度社会福祉振興助成事業