原発賠償請求、時効10年案を軸に検討…自公 – 読売新聞

2013-11-12

原発賠償請求、時効10年案を軸に検討…自公
読売新聞
民法は、不法行為による損害賠償請求権を3年間行使しないときには、時効によって権利が消滅すると定めている。東電に対する請求権を巡っては今年5月、被災者が国の「原子力損害賠償紛争解決センター」の仲介で東電と和解交渉をしている場合には、時効を中断する特例法 
原発賠償時効延長へ作業チーム=与党時事通信

all 2 news articles »

Copyright(c) 2013 原発被害救済弁護団(埼玉) All Rights Reserved./平成23年度社会福祉振興助成事業