原発賠償 時効後も裁判可能の法律案 – NHK

2013-03-28

毎日新聞

原発賠償 時効後も裁判可能の法律案
NHK
東京電力福島第一原子力発電所の事故の損害賠償について、文部科学省は、国の紛争解決機関による和解がうまくいかなかった場合、その協議中に時効を迎えていたとしても、新たに裁判で争うことができるとする法律案を示しました。 損害賠償の請求期間は法律上3年とされ
東日本大震災:福島第1原発事故 ADRで県内自主避難10人、初の和解 「賠償不十分」と提訴へ /新潟毎日新聞

all 3 news articles »

Copyright(c) 2013 原発被害救済弁護団(埼玉) All Rights Reserved./平成23年度社会福祉振興助成事業