原発避難生活追ったドキュメンタリー映画、「フタバから遠く離れて」上映へ/鎌倉 – カナロコ(神奈川新聞)

2013-02-12

原発避難生活追ったドキュメンタリー映画、「フタバから遠く離れて」上映へ/鎌倉
カナロコ(神奈川新聞)
双葉町は全域が警戒区域に指定され、約1400人が旧埼玉県立高校に避難した。教室での共同生活を9カ月にわたって撮影。東北の復興が進んでも、故郷に帰れない町民の疎外感を伝えている。 市民団体「ぐるぅぷ未来」(川瀬朋子代表)の主催で、収益を関係団体に寄付する。

Copyright(c) 2013 原発被害救済弁護団(埼玉) All Rights Reserved./平成23年度社会福祉振興助成事業