原発避難 ともに生き 支え合う 松戸で会結成1年報告会 – 東京新聞

2016-07-10

東京新聞

原発避難 ともに生き 支え合う 松戸で会結成1年報告会
東京新聞
報告会には県内や埼玉県の避難者、市民ら五十人が参加。福島県浪江町から避難している森川マツ子代表が「避難を余儀なくされている人たちが集まり、一緒に行動して少しなりともストレスから開放されればと思い、会を立ち上げました。今年も笑顔で楽しく、人生の一ページに …

Copyright(c) 2016 原発被害救済弁護団(埼玉) All Rights Reserved./平成23年度社会福祉振興助成事業