原発避難 県内に弁護団 賠償請求を支援 – 朝日新聞

2012-05-20

原発避難 県内に弁護団 賠償請求を支援
朝日新聞
東京電力福島第一原発事故から避難する人たちを支援しようと、県内の弁護士37人が、東電への損害賠償の相談や代理請求に対応する弁護団を立ち上げた。 弁護団は、関西の弁護士でつくる原発事故被災者支援関西弁護団の一員として4月に設立した。

Copyright(c) 2012 原発被害救済弁護団(埼玉) All Rights Reserved./平成23年度社会福祉振興助成事業