原賠審指針と異なる提示次々…原発ADR 2014年05月23日 – 読売新聞

2014-05-23

原賠審指針と異なる提示次々…原発ADR 2014年05月23日
読売新聞
避難生活の長期化で精神的苦痛が増大したとして、浪江町の町民1万5546人が東電に精神的損害賠償を求めて申し立てたADRで、同センターは3月、申立人全員に賠償額を1人当たり5万円増額する和解案を示した。同町は和解案を受け入れる方針だ。 飯舘村では3月、居住 …

Copyright(c) 2014 原発被害救済弁護団(埼玉) All Rights Reserved./平成23年度社会福祉振興助成事業