双葉町の保存会、石川で再会 避難生活で散り散りに – 北國新聞

2013-07-04

双葉町の保存会、石川で再会 避難生活で散り散りに
北國新聞
原発が立地する双葉町は事故後、7122人(当時)の全町民が各地に避難した。同太鼓保存会のメンバー約30人も福島県内や千葉、埼玉、広島などに避難し、今も戻れる見通しは立っていない。 同保存会は1992年の設立以来、町の四季を描いた演目を披露し、その音色は 

Copyright(c) 2013 原発被害救済弁護団(埼玉) All Rights Reserved./平成23年度社会福祉振興助成事業