双葉町民の苦闘 埼玉での9か月を篠山で上映 – 読売新聞

2013-10-02

双葉町民の苦闘 埼玉での9か月を篠山で上映
読売新聞
東京電力福島第一原発の事故で、埼玉県の廃校での避難所生活を送った福島県双葉町の住民の日常を扱ったドキュメンタリー映画「フタバから遠く離れて」(96分)が1日、篠山市黒岡の市民センターで開かれた。上映後、舩橋淳(ふなはしあつし)監督(39)が講演した。 警戒区域 

Copyright(c) 2013 原発被害救済弁護団(埼玉) All Rights Reserved./平成23年度社会福祉振興助成事業