双葉町農家が避難先の埼玉で米を作り販売 – 日刊スポーツ

2011-12-18

東京新聞

双葉町農家が避難先の埼玉で米を作り販売
日刊スポーツ
だが、実家と所有の田が、福島第1原発から約3キロに位置しており、震災直後から埼玉県加須市の旧騎西高校などで避難生活を余儀なくされた。そして6月から、埼玉県の支援などで上尾市の土地を2ヘクタール譲り受け、米作りを再開。9000キロ収穫した。
避難先 願い込め復興米朝日新聞
「双葉の心、忘れない」 避難の木幡さん加須で生産「彩のかがやき」販売東京新聞
復興願う「彩のかがやき」読売新聞

all 5 news articles »

Copyright(c) 2011 原発被害救済弁護団(埼玉) All Rights Reserved./平成23年度社会福祉振興助成事業