双葉町長「仮の町を」 帰還困難5年濃厚、暫定拠点検討へ – 河北新報

2011-12-19

双葉町長「仮の町を」 帰還困難5年濃厚、暫定拠点検討へ
河北新報
町は原発事故後、役場機能を埼玉県加須市に移し、多くの町民が同市で避難生活を送っている。町長は今後の拠点先については「白紙」としている。 帰還困難区域は年間被ばく放射線量が50ミリシーベルト以上で長期間帰宅の難しい地域。政府が同日、福島市内で地元自治体側
「仮の町、求めなければ」…5年間帰還困難濃厚で双葉町長47NEWS

all 2 news articles »

Copyright(c) 2011 原発被害救済弁護団(埼玉) All Rights Reserved./平成23年度社会福祉振興助成事業