双葉町長 “仮の町”で一緒に生活を – NHK

2012-02-26

双葉町長 “仮の町”で一緒に生活を
NHK
この話し合いは、原発事故のあと全域が警戒区域に指定された双葉町の井戸川克隆町長が、茨城県や埼玉県などで避難生活を送っている町民の意見や要望を聞こうと開きました。 つくば市並木の集会場で開かれた話し合いには、双葉町の住民30人余りが参加しました。

Copyright(c) 2012 原発被害救済弁護団(埼玉) All Rights Reserved./平成23年度社会福祉振興助成事業