取締役、社外が過半7人 東電次期社長が改革に意欲 – 日本経済新聞

2012-05-09

佐賀新聞

取締役、社外が過半7人 東電次期社長が改革に意欲
日本経済新聞
東京電力は8日、次期会長に原子力損害賠償支援機構の下河辺和彦運営委員長(64)、社長に広瀬直己常務(59)が就く人事を発表した。取締役数は16人から11人に減らし、社外取締役を7人とする方向で調整に入った。会見した広瀬氏は7月の実施を目指す家庭向け電気料金
東電次期会長、広瀬常務の社長昇格を経産相に報告ロイター
東電次期社長に広瀬氏昇格…被害者賠償を担当、安定重視スポーツニッポン
「非主流派」東電新社長、支援機構の思惑と一致読売新聞
MSN産経ニュース –NHK –中国新聞
all 160 news articles »

Copyright(c) 2012 原発被害救済弁護団(埼玉) All Rights Reserved./平成23年度社会福祉振興助成事業