古里を離れて 原発避難者の3年<1> 富岡町佐藤 純俊さん – 東京新聞

2014-03-08

東京新聞

古里を離れて 原発避難者の3年<1> 富岡町佐藤 純俊さん
東京新聞
を残したい」。それが福島の復興につながると信じている。 (石井宏昌). ◇. 「3・11」から間もなく三年。巨大地震の直後に起きた原発事故はいまだ収束せず、多くの人たちが全国で避難生活を余儀なくされている。古里を追われ、埼玉で今を生きる福島の原発避難者を取材した。

Copyright(c) 2014 原発被害救済弁護団(埼玉) All Rights Reserved./平成23年度社会福祉振興助成事業