古里再生、異郷で託す 避難先県民14万人超 福島県議選 – 河北新報

2011-11-21

河北新報

古里再生、異郷で託す 避難先県民14万人超 福島県議選
河北新報
帰還のめどは立たず、除染や賠償など生活再建の課題も山積し、避難者は異郷の地に設けられた投票所で古里復興の思いを一票に託した。 双葉町の主婦岡田悦子さん(49)は避難先の神奈川県伊勢原市を早朝に出て、町が役場を移した埼玉県加須市の投票所に来た。

Copyright(c) 2011 原発被害救済弁護団(埼玉) All Rights Reserved./平成23年度社会福祉振興助成事業