吉見川氾濫被害を調査 – 読売新聞

2014-08-27

吉見川氾濫被害を調査
読売新聞
調査団は高知高専環境都市デザイン工学科の岡田将治准教授(40)や、東京理科大、埼玉大の助教や学生ら12人で構成。浸水地区の高度や傾斜を測ったり、商店主らから当時の状態を聞き取ったりした。被害の出た窪川浄水場や吉見川流域で … 土砂災害防止法に基づく警戒区域に指定されると、市町村は区

and more »

Copyright(c) 2014 原発被害救済弁護団(埼玉) All Rights Reserved./平成23年度社会福祉振興助成事業