同居の家族、半数に変化 埼玉などに避難の福島県民 – 東京新聞

2013-06-18

同居の家族、半数に変化 埼玉などに避難の福島県民
東京新聞
東日本大震災や東京電力福島第1原発事故で福島県から東京都と埼玉県に避難している世帯を対象に、生活環境や健康状態を調べるアンケートを実施した支援団体が18日、速報値を公表、約半数が同居人数に変化があったと回答した。「被災前は5人以上だった家族の割合が 
6割以上「経済的に困窮」 県外避難福島放送

all 4 news articles »

Copyright(c) 2013 原発被害救済弁護団(埼玉) All Rights Reserved./平成23年度社会福祉振興助成事業