命懸けの放送 教材に 埼玉県が「天使の声」独自作成 – 東京新聞

2012-01-26

NHK

命懸けの放送 教材に 埼玉県が「天使の声」独自作成
東京新聞
宮城県南三陸町の防災対策庁舎から防災無線で町民に避難を呼び掛け続け、津波の犠牲になった町職員遠藤未希さん=当時(24)=が埼玉県の公立学校で4月から使われる道徳の教材に載ることが26日、分かった。 埼玉県教育局によると、教材は東日本大震災を受けて同県が
避難放送の女性職員 教材にNHK

all 55 news articles »

Copyright(c) 2012 原発被害救済弁護団(埼玉) All Rights Reserved./平成23年度社会福祉振興助成事業